東北絆まつり2022秋田

開催趣旨

HOME > 開催趣旨

東北絆まつり2022秋田のテーマ

今こそ、心の火を灯せ 輝く東北へ

東日本大震災の鎮魂と復興を願い、
「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「盛岡さんさ踊り」
「山形花笠まつり」「仙台七夕まつり」「福島わらじまつり」の
6つの祭りが集結し2011年に始まった「東北六魂祭」。
その魂を受け継ぎ、
更なる復興と東北の未来へ向けて始まった「東北絆まつり」。

復興道半ばの2020年、
またしても、大きな試練(新型コロナウイルス感染症)が世界を襲いました。
ウイルスの脅威は、未だ衰えず、人々は自らを律し続けています。

いかなる苦難にも負けない日本人の魂。
祭りは、その魂の象徴ではないでしょうか。

東北絆まつりは、2022年、秋田市で開祭します。
受け継いだ絆の火が未来を照らし、人々の心の道標となるように。

東北絆まつり実行委員会
会 長 秋田市長 穂積 志
副会長 青森市長 小野寺 晃彦
盛岡市長 谷藤 裕明
山形市長 佐藤 孝弘
仙台市長 郡 和子
福島市長 木幡 浩
これが秋田だ!食と芸能大祭典2022
facebook
facebook

PAGE UP