東北絆まつり2021山形|山形市内で開催

学生チャレンジプロジェクト

HOME > 学生チャレンジプロジェクト

 東北絆まつりの開催を契機に、地域の若者と連携した取り組みを実施することで、その地に財産(人の絆)を残していくというレガシープログラムです。山形開催独自の取り組みとなります。
 公募で集まった学生らにより2020年に発足し、モンテディオ山形と連携したJ2リーグ公式試合ハーフタイムにおける学生花笠演舞などを実施してきました。オンラインミーティングを何度も重ね、このたび、次の2つのプロジェクトにチャレンジします。

「絆でコエる!プロジェクト」(オンラインイベント)

 コロナ禍において対面の交流が制限される中で、メールやビデオ通話など様々な手段によりつながってきました。その中でも、視覚に頼らず、人間の想像力を最も働かせるものは人間の声であることに注目し、「声」を使った新しいお祭りやコミュニケーションの形を創造します。

【実施内容】

「絆」にまつわるテーマで「声」を募集し、SNS(Twitter/Instagram)で世界に発信する。

Instagram @kizuna_challenge   Twitter @KOEproject2021

「絆の火を灯す!竹あかりプロジェクト」

 熊本地震への鎮魂と復興を契機に全国に広がった「竹あかり」を、東日本大震災からの復興と鎮魂をテーマに開催する東北絆まつりに合わせて学生達がプロデュースします。

 
日時 2021年5月22日(土) 23日(日) 夕暮れから20:30頃まで
会場 山形県郷土館 文翔館前広場(山形市旅篭町3丁目4-51)
水の町屋 七日町御殿堰(山形市七日町2丁目7)
点灯式 5月22日(土)16:45~17:00 文翔館前広場にて
協力 「夢プロジェクト『竹あかり×ゆき×祈り』」(米沢市)、株式会社ちかけんプロダクツ(熊本県南関町)
「絆の火を灯す!竹あかりプロジェクト」
「絆の火を灯す!竹あかりプロジェクト」
facebook
beyond 2020

beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取組です。東北絆まつり実行委員会はこの取組を応援しています。

facebook

主催

後援

  • 観光庁
  • 復興庁
  • 国土交通省東北運輸局
  • 東北観光推進機構
  • 東奥日報社
  • デーリー東北新聞社
  • 秋田魁新報社
  • 岩手日報社
  • 山形新聞・山形放送
  • 河北新報社
  • 福島民報社
  • 福島民友新聞社
  • 読売新聞東京本社
  • 青森放送
  • 青森テレビ
  • 青森朝日放送
  • ABS秋田放送
  • AKT秋田テレビ
  • AAB秋田朝日放送
  • IBC岩手放送
  • テレビ岩手
  • 岩手めんこいテレビ
  • 岩手朝日テレビ
  • NHK山形放送局
  • 山形テレビ
  • テレビユー山形
  • さくらんぼテレビ
  • TBC東北放送
  • 仙台放送
  • ミヤギテレビ
  • KHB東日本放送
  • 福島テレビ
  • 福島中央テレビ
  • 福島放送
  • テレビユー福島
  • エフエム青森
  • エフエム秋田
  • エフエム岩手
  • エフエム山形
  • 山形コミュニティ放送
  • エフエム仙台
  • ラジオ福島
  • ふくしまFM
  • 共同通信社山形支局

PAGE UP