東北絆まつり2020山形|山形市内で開催

HOME > 東北絆まつり山形プレミアムアートコレクション

本イベントでは、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の対策をしております。ご来場の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

詳しくは、チラシをご覧ください。▶︎

「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」「盛岡さんさ踊り」
「山形花笠まつり」「仙台七夕まつり」「福島わらじまつり」
6つの祭りが集結し、
東日本大震災の鎮魂と復興を願い、
2011年から始まった「東北絆まつり」(前「東北六魂祭」)は、10年の節目を迎えました。

しかし、今年の山形開催は、新型コロナウイルス感染症の影響で延期となり、
東北絆まつりを構成する東北6つの夏祭りは全て中止となりました。

10年間紡いできた東北の熱い魂。
私たちは「新しい生活様式」による感染防止対策を講じた
展示をメインとした祭りイベントを実施し、
来年度の東北絆まつり・6つの各夏祭りの開催に向け
新たな絆の火を灯していきます。

東北絆まつりの魅力。

東日本大震災からの復興、犠牲者の鎮魂を願い2011年に始まった「東北六魂祭」。そして、後継となるのが「東北絆まつり」です。この祭りの魅力は、東北を代表する6つの祭り「青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり(仙台すずめ踊り)、福島わらじまつり」が1つになったパレード。今夏は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止・延期となりましたが、次年度開催に向けて、プレイベントとして「東北絆まつり山形プレミアムアートコレクション」を開催します。

祭りを鑑賞する。「動から静へ」新しい魅力発見。

祭りの最大の魅力は、囃子や踊りなどの躍動感。新型コロナウイルス感染症の影響で祭りを開催できない状況下、それとは違った祭りの魅力を発信したいと考えています。今回は、祭りの山車や衣装、太鼓などを1つのアート作品としてゆっくり鑑賞できる場を創り、新たな祭りの魅力を来場者の皆さまに体感して頂ければと考えています。

東北絆まつり山形学生チャレンジプロジェクト。

「東北絆まつり山形学生チャレンジプロジェクト」は、東北絆まつり山形のもと発足し、2019年冬より活動がスタートしたプロジェクトです。今年開催を予定していた山形をはじめ、東北の学生が知恵を出し合い、祭りの魅力や東北のさらなる活性化に挑戦しています。
2020年8月には、祭りの灯をともし続けたいと、モンテディオ山形ホーム戦にて、コロナ禍でも盛り上がることのできる新しい形の花笠踊りを行いました。今回は東北絆まつり山形プレミアムアートコレクションを通じて皆様に新しい祭りの魅力を発信していきます!

お問い合わせ/
東北絆まつり山形事務局
(山形市役所観光戦略課内) 
TEL.023-666-8802 
kizuna@city.yamagata-yamagata.lg.jp

facebook
beyond 2020

beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取組です。東北絆まつり実行委員会はこの取組を応援しています。

facebook

PAGE UP