東北絆まつり2021山形|山形市内で開催

ブルーインパルス展示飛行

HOME > ブルーインパルス展示飛行

催事名 航空自衛隊第4航空団第11飛行隊「ブルーインパルス」による展示飛行
趣旨 この展示飛行は東日本大震災時の復旧活動等において、東北地方全体が多大なるご支援を頂いた自衛隊への感謝の気持ちや新型コロナウイルス感染症に対して、第一線で対応にあたられている医療従事者の皆様への感謝の気持ちを改めて認識していただくことや、また市民の皆様をはじめとした多くの皆様に「夢・感動」とともに元気を与えていただく機会という思いが込められています。
日時 2021年5月23日(日)(東北絆まつり2021山形2日目)14:30頃~
飛行予定場所 山形市内上空
飛行機体数 6機(予定)
その他
  • □ブルーインパルスの勇姿は山形市内であれば広くご覧いただくことができます。
    ご自宅付近などで人との十分な距離を確保して観覧いただきますようご理解・ご協力をお願いいたします。
  • □県内などでの新型コロナウイルス感染症の状況によっては、展示飛行が取り止めとなる場合があります。
  • □天候状況によっては飛行できない場合があります。
  • □社会要請に基づくヘリコプター等の出動状況によっては飛行できない場合があります。

ブルーインパルス

ブルーインパルスとは

航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチーム、それがブルーインパルスです。正式名称は、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。青と白にカラーリングされた6機の機体が、大空で展開する一糸乱れぬフォーメーション、そしてダイナミックなソロ演技――次から次へ繰り広げられる驚異のパフォーマンスは、初めて観る人にとっては驚きの連続に違いありません。地上は大きな感動と歓喜の声に包まれます。その美しく雄大、華麗にして精密なフライトは、内外から高い評価を得てきました。これからもブルーインパルスは、「創造への挑戦」を合言葉に、より多くの人に「夢・感動」を感じていただける展示飛行を求め続けていきます。
出典:航空自衛隊ホームページ
https://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/about/index.html

facebook
beyond 2020

beyond2020プログラムは、多様性や国際性に配慮した文化活動・事業を政府が認証し、日本文化の魅力を国内外に発信する取組です。東北絆まつり実行委員会はこの取組を応援しています。

facebook

主催

後援

  • 観光庁
  • 復興庁
  • 国土交通省東北運輸局
  • 東北観光推進機構
  • 東奥日報社
  • デーリー東北新聞社
  • 秋田魁新報社
  • 岩手日報社
  • 山形新聞・山形放送
  • 河北新報社
  • 福島民報社
  • 福島民友新聞社
  • 読売新聞東京本社
  • 青森放送
  • 青森テレビ
  • 青森朝日放送
  • ABS秋田放送
  • AKT秋田テレビ
  • AAB秋田朝日放送
  • IBC岩手放送
  • テレビ岩手
  • 岩手めんこいテレビ
  • 岩手朝日テレビ
  • NHK山形放送局
  • 山形テレビ
  • テレビユー山形
  • さくらんぼテレビ
  • TBC東北放送
  • 仙台放送
  • ミヤギテレビ
  • KHB東日本放送
  • 福島テレビ
  • 福島中央テレビ
  • 福島放送
  • テレビユー福島
  • エフエム青森
  • エフエム秋田
  • エフエム岩手
  • エフエム山形
  • 山形コミュニティ放送
  • エフエム仙台
  • ラジオ福島
  • ふくしまFM
  • 共同通信社山形支局

PAGE UP